使用上の注意点・マニュアル

使用上の注意点

  1. GoogleドライブにPCからCSVファイルをアップロードした際、スマホのGoogleドライブを開いて、正しくアップロードしたファイルがクラウドで同期され存在していることを確認したうえで、オートコールアプリを起動して、「CSV選択」をしてください。
    ※そうしないと、アプリの「CSV選択」画面で、目的のCSVファイルが参照されないことがあります
  2. CSVファイルを選択しても選択できない時や、古いリストが選択されたままの時がありますが、アプリを再起動したり、キャッシュの削除、少し時間を置いてから選択すると、選択できるようになります。
  3. CSVファイルを選択するとアプリが落ちてしまうことがあります。その際はCSVファイルに問題があることがほとんどです。メモ帳などのテキストエディタでCSVファイルの文字コードをUTF-8に変更して上書きし、再度CSVファイルを選択すると、正常に使用できます。
  4. オートコール起動中は、発信した相手先が電話に出た場合も、「オートコールを停止」ボタンを押さないと電話が指定された秒数で切れてしまいます。電話を続けたい場合は、「オートコールを停止」ボタンを押してください。電話が終わった後、続きのリストに発信したい場合は、「次の相手から電話」ボタンを押して、オートコールを再開してください。
  5. オートコール起動中は、アプリ経由ではない、通常の電話の発信も着信も、指定された秒数で切れてしまうため、電話をする際は、「オートコールを停止」を押して電話をするようにしてください。

マニュアル

  1. オートコールアプリをインストール
  2. ポップアップの設定で「許可」を2回選択、バブルの通知を許可し、ホーム画面まで進める

  3. 電話発信リスト(CSVファイル)を作成

    以下のURLからサンプルのCSVファイルをダウンロードできます。
    https://ludusc.com/wp-content/uploads/2024/05/発信リストCSVサンプル.csv
    1行目は変更せず、2行目以降を編集してリストを作成してください。
  4. CSVファイルをGoogleドライブにアップロード
  5. スマホのGoogleドライブアプリから、CSVファイルがアップロードされていることを確認
    パソコンからCSVファイルをアップロード後、スマホのGoogleドライブ上で確認ができるまで、Googleドライブの仕様上、若干の時間差(通常30秒以内には反映されます)があります。
  6. オートコールアプリから、GoogleドライブのCSVファイルを選択

    スマホのGoogleドライブ上でCSVファイルの確認ができた後、オートコールアプリのCSV選択で、Googleドライブのファイルを参照できるまで、Googleドライブの仕様上、若干の時間差(通常30秒以内には反映されます)があります。
    CSV選択後、虫眼鏡マークを押すと、選択したリストの内容を確認できます。
  7. お好みの「電話を切るまでの秒数」をホーム画面のプルダウンから選択
  8. オートコールを開始す

    ホーム画面の「CSVの1件目から電話」を押します。
  9. オートコールを停止する

    「オートコールを停止」ボタンを押すと、指定された秒数ごとに発信→切電を繰り返すオートコールが停止されます。一旦発信を停止したい時と、発信中の相手先が電話に出た際、電話を続けたい場合に使用します。
    「オートコールを停止」は、あくまでオートコール機能(指定された秒数発信後切電して次の相手先に発信する繰り返しの動作)が停止されるだけで、発信中の電話を切るには、電話を切るボタンを押す必要があります。
  10. 発信途中の続きからオートコールを再開する

    ホーム画面の「次の相手から電話」を押します。

※3と4は、パソコンで作業する内容です